カテゴリー別アーカイブ: buyer’s eye

2018 SPRING & SUMMER BUYING 4THDAY

 

19437326_665898456939079_1321337979005860049_n

バイイング最終日はm.a+。毎シーズン新たな試みで楽しませてくれるm.a+は行く前からテンションも上がります。

19437450_665898490272409_3504773511195988543_n

残念ながら商品の詳細はお見せ出来ないので展示会場の様子をメインに。

19510387_665898423605749_4132077934930055581_n

ミニフォレストの中にあるディスプレイが斬新でした。

14591680_665898400272418_2149079675926609803_n

ウェアに関しては新しい型も多数登場。

カジュアル思考の現代ファッションに落とし込みやすいカバーオールやクロップドのイージーパンツなどが登場。

もちろん定番のアイテムもカラーバリエーションや素材も多数ありセレクトに困るほど。

19437234_665898560272402_2817600176796988543_n

そしてインスタグラムでも話題のサングラスとパフュームもありました。

サングラスはあのリガーズに製作を依頼しアマディ氏デザインの完全オリジナル。

リガーズが得意とするホーンのフレームにm.a+のアイデンティティが吹き込まれました。パフュームもオリジナルのケースが非常に興味をそそる仕上がり。

SHELTERⅡ

バイヤー斉藤

Mail

         

2018 SPRING & SUMMER BUYING 2NDDAY

19420818_664754747053450_4056222050248387720_n

バイイング2日目はCODY SANDERSONから始まります。今回初のパリファションウィークに進出。

ショールームは各国のバイヤーで活気に溢れておりました。

19510512_664754753720116_4291752883511489258_n

新作も多数ありデザインも様々。コディ氏のアイデアの幅広さに驚かされました。
インディアンジュエリーの枠を凌駕した作品群。今後は世界中でコディの作品が展開されることになるでしょう。

19420521_664757197053205_1609097125317592584_n

DEEPTIはデジタルプレゼンテーションという初の試み。

前回レディースのファションウィークで見れなかったアイテムをチェックしてきました。
ストーンというテーマの元様々なファブリックを作成、生地の可能性が無限にあることを実感しました。

トピックとしてはデニムが登場、ロークロッチのシルエットは最近の気分。ディプティらしい中間色のグレーが美しい。

19420674_664760110386247_5954392589037394047_n

taichimurakamiのショールームはちょっと中心街から離れた場所。窓からの美しい景色が印象的でした。

19437508_664760113719580_9139202379546678272_n

毎シーズン新しい試みで楽しませてくれるコレクション。

今回は前回のアンインターセプトというシームが交わらないパターンをさらに進化。

19429800_664760117052913_2718287880446693283_n

シルエットにも変化がありリラックスした印象も。画像は試作段階の完全なる一枚生地のパターン。

今後の動向にも注目のtaichimurakami。

SHELTERⅡ

バイヤー斉藤

Mail

         

2018 SPRING & SUMMER BUYING 1STDAY

2018春夏バイイング、今回も現地より情報更新致しますので是非チェックお願い致します。

19420747_664304550431803_2360316180916320454_n

バイイング1日目はGUIDIから始まります。

19399231_664304553765136_8832214820276326466_n

毎回ウィンドウで楽しませてくれるショールーム。

今回は緑のジオラマにシーズンカラーのピンクをディスプレイ。

19424264_664304583765133_1292677184978268986_n

シューズのサイズは60サイズとかなりビック。

19399947_664304620431796_1043184011878462011_n

19399392_664304667098458_7767300063624489169_n

コレクションは新型、新色中心にセレクトしました。

新色は写真のミリタリーグリーンとピンク。

世界的にハッピーなピンクはかなり注目されていました。

19399002_664304623765129_5658033398387763972_n

写真のトレッキングは少数ながらオーダーしておりますのでご期待下さいませ。

またQ10のショルダーバッグもピンクでオーダーしております。

19399081_664310507097874_469917151428501416_n

C-DIEMのトピックとしては布帛、ジャージ類の発表。

ブランドの意向としてアルティエリ氏がC-DIEMを1つの大きな箱としてそこに色々なデザイナーのやりたいことを形にしていく。

19510355_664310510431207_3492627555494955877_n

今回ウェアに携わったのは元C-DIEMで現Lumen et Umbraデザイナーの藤田一生氏。

当時のパターンとオリジナルパターンを交えたウェア類は上質な素材ながらコストパフォーマンスも兼ね備えたバランスの良い仕上がり。

19396972_664310503764541_1425132613575572925_n

19424374_664310500431208_7217871725157046007_n

また通称おでこ靴のミドルとホースデストロイの素材も復活。今後の動向に注目のC-DIEMでした。 19437689_664327317096193_7226422470647649343_n

1日目最終はRICK OWENS。

巨大な足場を設営し行ったランウェイには圧巻。残念ながら展示会の写真は禁止されております。

19437689_664340310428227_471598638381071132_n

トピックとしてはガムソールのスニーカーシリーズが登場。

定番のスニーカーズもガムソールになるとかなり新鮮でカッコイイ。

もちろん定番のクロップドパンツもかなりの素材バリエーションでセレクトしております。

新型のAラインコートも必見。レザーリュックからネックウォレットまで小物類も充実しております。

19399947_664304620431796_1043184011878462011_naa

19429819_664327307096194_6015161351726760500_n

写真はバイイングのほっと一息、

休憩無しのスケジュールの合間に頂く美味しいスイーツは癒しですね。

SHELTERⅡ

バイヤー斉藤

Mail

         

buyer’s eye Maison Margiela

MAISON MARGIELA 「BOMBER JACKET」。

今回はこちらに焦点を当ててお話させて頂きます。

IMG_1470

MAISON MARGIELA BOMBER JACKET

昨年からトレンドとしても人気のボンバージャケット。

各ブランドが様々はシルエットで提案していますね

ベースの型としてはMA-1が主流ですが、マルジェラが造るジャケットは一味違います。

一見、リメイクベースのMA-1に見えますが

実は2型のジャケットが使用され、MA-1に見えるように作られているのです。

見てわかる通りジャケットがレイヤードされております。

まずベースとなっているのがこちら。

be2

米軍ヘリコプターパイロット夏専用ジャケットです。

CWU45と若干悩みましたが、こちらはアウターポケットやフラップがあったのでおそらく違うと判断致しました。

ベルクロ部分は大佐など階級のパッチが付けれるように

デザインされております。

ではマルジェラのアイテムでも確認してみます。

IMG_1474

IMG_1471

位置や大きさはマルジェラが解釈しこのようなデザインに変化。

このようにルーツが楽しめるのもマルジェラの魅力。

ではライニングになっているジャケットはこちらです。

be1

恐らくCWUの冬用ライナージャケットだと思います。

ボタンの部分は省き、中のジップのみに変更してますね。

表は夏用、ライニングは冬用とマルジェラらしい折衷案がこれまた面白いです。

IMG_1480

良く見てみるとキルティング柄も同じですね。

それと微妙にレイヤードがずれているのもポイントです。

IMG_1475

手仕事ということが伝わるように敢えてシンメトリーにはせずこのようなデザインになっております。

IMG_1476

バックスタイルも同様、よりレイヤード感が増しますね。この何気無いデザインに男性は惹かれますよね。

IMG_1478

フロントのカットの長さも実は違います。

よくよく見れば本当に作り込みがすごいです。

最後に写真を並べてみます。

be2

be1

IMG_1470

単純にボンバージャケットと見過ごしてしまいがちですが、

ルーツや製作過程を知らべてみると楽しさも倍増します。

特にMAISON MARGIELAはこのように奥が深いアイテムが沢山あります。

マルジェラの商品が目の前にあったらふと立ち止まって

みるのも良いですよ。

SHELTERⅤ

斉藤